hirofuku_logo

広福研究所 電流出力アンプ(CDA)の条件

当社設計のバックロードホーンの性能を100%引き出すには以下の条件を全てみたすアンプを使用する必要があります.

  1. 電流出力である
  2. そもそもダイナミックスピーカーを理想的に駆動するために必要な条件です.当社設計バックロードホーンはそれを前提に設計しています.※

  3. 高出力インピーダンスである
  4. アンプの出力が電流源出力であること意味します.(エミッタフォロワなどの低インピーダンス電流バッファではない)

  5. 出力端からの信号を帰還しない
  6. アンプの出力端に発生する電圧はスピーカーユニットに送り込んだ音楽信号とは異なるものなのでアンプの制御のために使うと弊害がでます. (オペアンプ全盛の時代で負帰還をかけることが当たり前と考えるかもしれませんが負帰還は万能の魔法の杖ではないのです)

当社の電流出力アンプ「CDA-HF7」は上記条件を製品化できるレベルでみたしています.

※ 参考文献 「バックロードとQ値」 当社ドキュメント

Copyright © 2010-2013 Kenji Hiromoto All Rights Reserved.